T-HOUSEのこだわり

  • 素材×縫製×デザイン。
    それは匠の技を結集したスマートキーカバー

    「お気に入りの車だからこそスマートキーも大切に持ち歩きたい」
    という要望にお応えして創り上げた、
    上質で美しいスマートキーカバー。

    革職人がこだわり抜いて作った国産天然皮革『栃木レザー』を使い、匠の手でひとつずつ丁寧に手作りされているため、使い込むほどにしっくりとスマートキーと手に馴染んでくるのが特徴です。
    デザインはすべてT-HOUSEオリジナル。こだわりの素材と技、そしてセンスが光るスマートキーをどうぞご愛用下さい。

なぜ、栃木レザーなのか。 その答えがここにある

鞣しという行為は、本来捨てるはずの皮を再利用した天然素材の副産物である。
人類の歴史において、すでに紀元前3000年頃には皮に樹脂のタンニンをつけて鞣す方法が発見されていた。
1760年、英国のマックス・ブリッジが、タンニンエキスを使用することを考案して始まったのがベジタブルタンニン鞣し。ピット槽と呼ばれるタンニン溶解液に長い期間皮を漬け、革へ変貌させる昔ながらの技術を、今に伝承する数少ないタンナーが栃木レザーだ。国内最大のピット槽を擁し、職人たちの経験と技術を頼りに仕上げられるヌメ革は他の追随を許さない。
だがアパレル業界ではかつてヌメ革は固くてとても商品にならないと言われていた時代もあった。そんな中、栃木レザーは試行錯誤を重ね、従来には無かった柔らかく堅牢性のあるヌメ革へと改良。独特の色艶や使い込むことで飴色へ深まる経年変化。素上げの肌目のきれいなヌメこそが革本来の魅力である。そう世に知らしめたのだ。
その評判は国内のみならず世界の一流アパレルメーカーからオーダーがくるほどの世界基準のブランドとなった。変わらないのは、品質を維持するために“ひと手間”を惜しまない実直なまでの職人たちの姿勢だ。

01_02_img

保護力と美しさを兼ね備えた縫製仕様

伝統的な技法により生み出されるフルベジタブルタンニングの『栃木レザー』を贅沢に使用。
約1 ヶ月半もの間、革職人が丹誠込めて仕上げた拘りの逸品です。
匠の思いがこもった本物にだけ与えられるブランドタグが品質の良さを物語ります。

T-HOUSEのこだわり

保護力と美しさを兼ね備えた縫製仕様

縫製は、耐久性があり、色と光沢が美しいテトロン糸を使用。
キッチリと縫い合わせ、かえしミシンもしっかりと入れているので、キーを落とした時にも、スマートキーの角を保護します。

T-HOUSEのこだわり